2018年02月24日

連邦準備制度=FRB

アメリカ政府機関閉鎖 シリア攻撃を阻止された腹いせ ドルは基軸通貨ではなくなるのか?
2013/10/11 00:03

今回はアメリカデフォルト危機の話です。

「現在、アメリカの債務上限を上げないと、これ以上国債が発行出来ず、満期になる国債の利息を払う財源が無いアメリカは、デフォルトに陥る事になる。」というニュースが騒がれています。

このような騒ぎは初めてではなく何度も起き、ギリギリで共和党の同意を得て危機を回避して来ました。

オバマケアに対する反発だとか、茶会派やロン・ポールなどの財政健全化を叫ぶ派閥の反対等が長い間、アメリカ議会にねじれを生じさせているのは周知の事です。

しかし、実はこれがシリアへの攻撃を回避させたオバマ政権の政策、つまり北軍派の考えになびいている事に対する軍産複合体や、南軍派による腹いせだという考察は聞いた事がありません。

南軍派=ヘッセン陣営のことです。
南北戦争当時、南部連合の将軍であった、アルバート・パイク。

秘密結社フリーメイソンに所属していたと言われている。「メイソンの黒い教皇」とも呼ばれている。古代や東洋の神秘主義を研究して、構成員を増やした。オハイオ州シンシナティに本拠地にしていた「ゴールデン・サークル騎士団」の名前を変えたと言われる。また1871年、イタリアのフリーメイソンのジュゼッペ・マッツィーニ(イタリア建国の父)に送った手紙には、第一次世界大戦と第二次世界大戦、更に第三次世界大戦についての計画が記されていたという説が陰謀論者の間で広がっている。

第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」

「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」

アルバート・パイクのこの予言が、まさに実行されて来たのですが、現在の状況は最後の第三次世界大戦の実行を阻止された形になっています。

このパイクの思想のルーツは何処から来ているのかというと、イタリアのメディチ家なのです。
メディチといえばルネッサンスの生みの親。

素晴らしい文化を開花させた良いイメージがあるかと思いますが、実はこのメディチ、薬、特に毒薬の研究製造を行っていました。

今の鳥インフルエンザとか、そういう病原菌を作った連中のルーツがメディチです。
諸説はありますが、薬の事をメディシンといいます。
メディチ・・・メディシン

メディチ家の起源

「メディチ」は後出のように「医師」、「医学」、「医薬」という意味であり、先祖は薬種問屋か医師であったのではないかとされており、13世紀のフィレンツェ政府の評議会議員の記録に既にメディチの名前が残されているが、それ以前の経歴や一族の出自に付いてはあまり明らかにされていない。メディチの紋章(金地に数個の赤い球を配する)の由来については、2つの説がある。ひとつは、「メディチ」(Medici)の家名そのものが示すように、彼らの祖先は医師(単数medico/複数medici)ないし薬種商であり、赤い球は丸薬、あるいは吸い玉(血を吸いだすために用いる丸いガラス玉)を表しているという説である。もうひとつは、メディチ家をフィレンツェ随一の大富豪にした当の職業、すなわち銀行業(両替商)にちなんで、貨幣、あるいは両替商の秤の分銅を表しているという説である。 銀行業を始める前は、薬品の一種であるミョウバンを商って栄えていた。いずれにしろ、一族に多いコジモの名は、医師と薬剤師の守護聖人、聖コスマスに由来している。

ルネッサンスは良い面しか表に出ませんが、サンジェルマンの様な連中を含め、古式薔薇十字団なんかは、まさにルネッサンス復興の裏で息づいて行った訳です。

建築様式や彫刻、絵画だけではなく、オカルト的儀式要素が大きかった訳です。

そして、3つの地球というロッジを作りました。
これが後の古式黄金薔薇十字団で、財政面で支えたのがヘッセン=カッセル方伯、フリードリヒ二世です。
これが現在ではマルタ騎士団に引き継がれています。

要は、ヘッセンのビジネスであった傭兵が、現在のシリアの反政府軍の兵士の正体であり、薔薇十字団は、マルタ騎士団になったということ。

その間に、アルバート・パイクのの3つの世界最高評議会といったものが存在するのです。
元を辿れば、メディチであり、ルネッサンスとは、ヘレニズム文化の復興=薔薇十字思想=ギリシア文化の復興。

つまり、オカルト思想を大きく発展させた、大御所なのです。
「3つの地球」は3つの海を中心に考えたNWOの戦略ステップです。

このブログではメディチに関して、全然触れて来なかったので、大変なミスでした。
今後、メディチについて書いて行こうと思います。

さて、そんな計画で進められて来たシリア等、中東に発生させるはずだった第三次世界大戦が、いまのところ回避されています。
特にシリアに攻撃命令を出さなかったオバマ政権に対するヘッセン陣営の怒りは尋常ではないでしょう。

それでヘッセン陣営、軍産複合体傀儡議員による時限爆弾が仕掛けられていると・・・
10月17日までに債務上限を上げないとアメリカは不当りを出してデフォルトすると・・・
しかし、アメリカのデフォルトは有るのでしょうか?

何回も騒がれて来ましたが、その都度回避されて来た訳です。
そして、新100ドル札の発行は、アメロ通貨発行を企てていた者達の計画をくじき、偽札市場を閉鎖する為の物。

では仮に、アメリカがデフォルトしたとします。
そうしたら、次の基軸通貨は何に基づいて決まりますか?

通貨が暴落するのですから、現物の価値が上がります。
現物とはゴールドのことです。

次の基軸通貨はゴールドを多く所有する国の通貨になります。
ここで、金保有国のランキングを見てみましょう。

順位 国名 2012年 単位トン

1 United States 8,133.46
2 Germany 3,391.34
3 IMF 2,814.04
4 Italy 2,451.84
5 France 2,435.38
6 China 1,054.09
7 Switzerland 1,040.07
8 Russian Federation 957.76
9 Japan 765.22
10 Netherlands 612.45
11 India 557.75
12 BIS 520.3
13 ECB 502.07
14 Taiwan 423.63
15 Portugal 382.48
16 Turkey 359.64
17 Saudi Arabia 322.9
18 United Kingdom 310.25
19 Lebanon 286.83
20 Spain 281.61
21 Austria 279.99
22 Belgium 227.46
23 Philippines 192.72
24 Algeria 173.64
25 Thailand 152.41
26 Singapore 127.4
27 Sweden 125.72
28 South Africa 125.1
29 Mexico 124.53
30 Kazakhstan 115.29
31 Greece 111.88
32 Romania 103.72
33 Poland 102.92
34 Korea Rep. 84.44
35 Australia 79.85
36 Kuwait 78.96
37 Egypt 75.61
38 Indonesia 73.09
39 Brazil 67.2
40 Denmark 66.55
41 Pakistan 64.43
42 Argentina 61.74
43 Belarus 51.43
44 Finland 49.14
45 Bolivia 42.34
46 Bulgaria 39.93
47 WAEMU 36.48
48 Malaysia 36.39
49 Ukraine 35.46
50 Peru 34.68
51 Slovak Republic 31.79
52 Iraq 29.79
53 Ecuador 26.28
54 Syrian Arab Republic 25.82
55 Morocco 22.05
56 Afghanistan 21.87
57 Nigeria 21.37
58 Serbia 15.28
59 Cyprus 13.87
60 Bangladesh 13.51
61 Jordan 13.06
62 Cambodia 12.44
63 Qatar 12.41
64 Czech Republic 11.58
65 Colombia 10.35
66 Lao PDR 8.88
67 Ghana 8.74
68 Paraguay 8.19
69 Latvia 7.74
70 El Salvador 7.25
71 Guatemala 6.89
72 Macedonia FYR 6.79
73 Tajikistan 6.22
74 Ireland 6
75 Lithuania 5.82
76 Bahrain 4.67
77 Mauritius 3.91
78 Mongolia 3.66
79 Sri Lanka 3.63
80 Mozambique 3.58
81 Canada 3.39
82 Slovenia 3.17
83 Aruba 3.11
84 Hungary 3.08
85 Kyrgyzstan 3.06
86 Suriname 2.31
87 Luxembourg 2.24
88 China Hong Kong SAR 2.08
89 Bosnia and Herzegovina 1.99
90 Iceland 1.98
91 Trinidad and Tobago 1.92
92 Yemen 1.56
93 Honduras 0.67
94 Dominican Republic 0.57
95 Mauritania 0.36
96 Malta 0.31
97 Uruguay 0.26
98 Estonia 0.25
99 Chile 0.25
100 Costa Rica 0.06
101 Burundi 0.03
102 Fiji 0.02
103 Comoros 0.02
104 Kenya 0.02
999 世界計 31,671.42

いかがですか?

どの国がゴールドを多く持っていますか?
アメリカですね?
世界合計の何パーセントですか?
25%以上がアメリカなんです。
デフォルトすればドルは暴落。

そして金本位制に戻る。
その時、一番金を保有している国の通貨が基軸通貨になる。
その国はアメリカです。
ということは、ドルは基軸通貨で有り続ける訳です。

仮にデフォルトしたとしても、暴落したドルにより、アメリカの国際競争力が高まり、輸出が増えます。
中国で生産するよりもアメリカで生産した方が安くなる。
まさにアメリカ復活なのです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
連邦準備銀行の株主の意思が連邦準備制度を動かしているという一部の説は誤りであり、法規上または現実においても、連邦準備制度は大統領の指名と議会の承認による連邦準備制度理事会の主導により運営されている。

Wikipediaではありませんが、参考までに

アメリカは何故破産しないのか

ー中央銀行と赤字政策ー

 アメリカの経常収支赤字は世界から常に疑問の目で見られている。常識的には破産して当たり前なのに、何故アメリカはいつまでも破産しないのか。その原因は非常に単純である。現在世界の国際通貨はアメリカのドルである。ある意味でアメリカは世界の中央銀行の役割を果たしている。
 ちなみに中央銀行が通貨を発行する際には、中央銀行の負債が市場に対して増大することになる。これは少し考えれば分かることだが、中央銀行が通貨を発行するということは、収入がないにもかかわらず資金を流通させることによって商品を購入することを意味する。通常中央銀行の場合は値崩れの起きない国債などを購入することによってこの資金の流通を引き起こす。しかしながらこの経済行動は一般的な商品の購入と基本的に大きく異なっているわけではない。つまり中央銀行が通貨を発行するということは、中央銀行がひたすら赤字を生み出すことを意味している。
 ところが現在の世界ではアメリカのドルが国際基軸通貨になっているため、アメリカが発生させる経常収支の赤字は、基本的には中央銀行が世界の市場に対して国際通貨を発行しているのと何の違いもないことになってしまう。もちろんアメリカ合衆国自体が中央銀行であるわけではない。しかしながら仮にアメリカのドルが経常収支赤字で国外に流れ出すとした場合、国内のドルを増大させなければ、減少したドルのために国内経済に強いデフレ圧力が働いてしまう。そこで中央銀行が通貨を発行した場合、この発行された通貨が国内の購買能力を上昇させ、それが経常収支赤字を発生させる原動力になる。つまり中央銀行が通貨を発行し、その資金がアメリカの経常収支赤字という形で世界経済に負債として流れ込んでいく。この形そのものはアメリカ合衆国自体が、世界の中央銀行として世界経済に通貨を発行している状況と何ら違いはないと考えることができる。したがって今後ともにアメリカのドルが国際基軸通貨の地位を失うことがなければ、アメリカは赤字の垂れ流しによって破産することはないと考えることができる。

ー収支の赤字と通貨の膨張ー
 たとえばジンバブエのような国においても、通貨の発行を行いすぎたために中央銀行が破産するということはあり得ない。これはアメリカにおいても同じで、アメリカが世界の中央銀行である限り、ドルの垂れ流しによってアメリカが破産することはあり得ない。基本的に中央銀行の通貨発行は二つの問題の内のどちらかしかもたらさないと考えることができる。一つは通貨供給量の過剰な増大によるインフレであり、もう一つは通貨供給量の相対的減少によるデフレである。中央銀行の場合、問題はこの二つだけであり、中央銀行が黒字化した場合は市場から資金を吸収してしまうため市場がデフレに陥る危険性があり、実際にアメリカが経常収支で黒字を出していた大戦後は、世界はアメリカに対してドル資金を貸し付けてくれるように懇願していた。ところがアメリカが赤字化した結果、ドル資金はむしろ溢れるようになってしまう。特にベトナム戦争以降はアメリカの赤字が常態化したため、溢れ出したドルのために、世界は長期的なインフレ傾向に巻き込まれることになっていく。そしてその後レーガノミックスによって、さらに巨大な赤字が発生する。
 これを見た世界はアメリカが破産すると考えたが、現実にはアメリカは破産せず、長期的なドルの下落傾向が現れ始めた。つまり中央銀行(アメリカ合衆国)が赤字を垂れ流すことで、市場に溢れたドルがインフレを生み出し始めたのだ。これが終わるのが90年代で、89年のベルリンの壁崩壊によって一気に共産圏の壁が崩れ、旧共産圏がドル経済に参入してくるようになった。この結果ドル不足が起き、アメリカは赤字を垂れ流しても、ドルの下落に悩まされることがなくなった。ところが現在はインフレ傾向が起き始めている。アメリカがあまりにも大量の赤字を垂れ流したためにドルが余り始め、余り始めたドルがインフレを起こし始めているのだ。
 ただしこの結果、アメリカが破産する可能性は存在しない。繰り返しになるが、中央銀行が負債を増大させたからといって、中央銀行が赤字で倒産することはあり得ない。ただしあまりにもでたらめに赤字を増大させれば(通貨の垂れ流しが続けば)、ドルそのものが世界市場で見放される危険性は出てくる。では仮にドルが国際基軸通貨から転落したとすればどうなるか。その場合、アメリカは間違いなく破産することになってしまうだろう。ちなみに円の国際化が主張されているが、円を国際化する時には円を赤字化する必要がある。既に述べた通り、中央銀行が黒字化した場合には、世界市場から通貨が減少するという事態が起きてくる。これに対応するためには中央銀行からお金を借りるしかなく、第二次大戦後の世界では現実にその事態が生じていた。アメリカが黒字だったために、ドルが欲しければアメリカに借金する以外ドルを手に入れる方法がなかったのだ。これが改善されたのはアメリカが赤字化したためである。したがって円を国際化したいのなら経常収支を赤字化する必要があり、黒字化したまま円を国際化した場合は円高が急激に進む危険性が高い。理由は単純で、円を手に入れるために借金をする必要があるため、為替レートの上に借金の利率を乗せなければならない事態になり、これが円高をさらに進める推進力になってしまうからだ。ただしここまでくれば日本国内の生産が高くつきすぎるため、急激に輸入が上昇して、将来的にはまず間違いなくアメリカのような経常収支の赤字国に転落する。

 ー基軸通貨は常に赤字であるー
 多くの日本人はアメリカ人はでたらめだから経常収支の赤字国に転落したと思っているが、日本においても中央銀行は常に赤字である。中央銀行が黒字化するのは日本経済が収縮する時のみであり、日本経済が拡大している限り、中央銀行は新しい資金を供給せざるをえず、それは必然的に中央銀行の赤字を意味している。この点は国際経済も同じで、国際経済が成長している限り、中央銀行に当たる基軸通貨国は世界に対して赤字を垂れ流す義務を負っている。日本でも徳川幕府は徳川綱吉以降、常に赤字を垂れ流し続けていた。赤字を垂れ流すことで、成長する経済に増大する資金を供給し続けていたのだが、経済成長よりも資金の増大が大きい時はインフレになり、経済成長にふさわしいだけの資金を供給できない時はデフレになってしまっている。逆の言い方をすれば、国際基軸通貨国になれば、自国の経済状況のみで金融市場の運用はできなくなるということだ。さらに黒字化を計れば国際経済から資金が消えてしまうため、黒字化を計ること自体が国際経済にとって打撃になってしまう。

 従って日本経済が黒字基調を守りたいなら、日本の円を国際化することは得策ではなく、むしろドルの安定を目指した方がいい。現在アメリカは経常収支の赤字を垂れ流しているが、この赤字自体は規模が適正であるなら世界経済にとってはマイナスよりもはるかにプラスの方が大きい。この点は多くの道徳家にとっては気に食わないだろうが、経常収支においては国際基軸通貨国とそうでない国においては、基準が全く異なる点を理解する必要がある。その上で赤字額が巨大化すれば当然世界的なインフレの引き金になるため、日本としてはドルの安定を目指すと同時に、アメリカのでたらめな資金運用に関してはある程度クレームも付けざるを得なくなるだろう。


連邦準備制度=FRB

連邦準備制度は株式を発行していないが、連邦準備銀行は株式を発行している。しかし、日本政府が株式(正確には出資証券)の55パーセントを保有し、残りが公開市場(ジャスダック)で流通されている日本銀行と異なり、合衆国政府は連邦準備銀行の株式を所有しておらず、各連邦準備銀行によって管轄される個別金融機関が出資(=株式の所有)義務を負っている。また、個人や非金融機関の法人は連邦準備銀行の株式を所有できない。個別金融機関による出資額は金融機関の資本規模に比例するが、連邦準備銀行理事を選出する際の投票権は出資規模に関わらず一票ずつであるため、大手銀行が主導権を握るといったことはできない。

連邦準備法により、連邦準備銀行の株主が連邦準備制度に及ぼす影響力はきわめて小さいものに限定されている。連邦準備法における連邦準備銀行の株主の位置づけは、9人の連邦準備銀行理事のうち6人を選定するにすぎない(他の3人は連邦準備制度理事会が指名)。また、連邦準備銀行理事の権限は理事長の選出のみであり、その理事長の権限も以下のものに限られている。

・ 連邦公開市場委員会(FOMC)委員12人中5人の選出
・ 連邦準備制度理事会への提言

従って連邦準備銀行の株主の意思が連邦準備制度を動かしているという一部の説は誤りであり、法規上または現実においても、連邦準備制度は大統領の指名と議会の承認による連邦準備制度理事会の主導により運営されている。但し、連邦準備制度理事会が政府機関であるのに対し、連邦準備銀行が民間企業の形式を採っているのは事実である。とはいえ完全な民間企業とも言えず、両者を折衷した性格を持っている。
2013/10/11(19:21) URL 編集
posted by r at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 名無し先生